中小企業の賃上げ トップ> 賃上げ確報> 平成27年

賃上げ確報 平成27年

2016賃金セミナー

愛知昇給ポジション

このグラフは、縦軸が金額で、横軸が年齢です。ネット上では金額を消してあります。貴社が無料の年収診断を受けて下されば、賃上げ額の入ったグラフを提供させていただきます。 この賃上げグラフは愛知県版しかありません。

無料年収診断申込み

賃上げ確報タイトル

ベアは広まったが、賃上げ無しも広まった。結局「格差拡大」へ!

賃上げ確報の概要

対象企業:(株)北見式賃金研究所の顧客で、愛知県下に 本社がある企業。
社員数300人以下。123社。 10,047人(男性8,194人+女性1,853人)。

調査時期:平成27年4月~7月

調査内容:基本給が、昇給前と昇給後で、どう変わったのか?(諸手当の増減は対象外)

確報 「実質基本給」昇給実態 

調査データ:新入社員を除いた管理職、一般従業員男女及び会社
従業員数:10,047人 会社数:123社

実質基本給昇給実態割合 (注)
会社割合
:昇給額が、500円以上の従業員(管理職、一般男女)が、その会社全従業員の50%以上であれば「昇給あった会社」としている。(50%未満であれば、「昇給なし会社」としている。)

従業員割合:昇給額が500円未満でも、少額昇給あれば、「昇給あり従業員」としている。

ベアとは?
ベースアップ、略してベアとは、賃金の一律の底上げのことを意味します。
定期昇給、略して定昇とは、1年間勤務したことによる昇給のことを意味します。
中小企業の多くは、賃金表を使っていませんので、一般的にはベアと定昇が分かれていません。
そこで、(株)北見式賃金研究所は次のような基準を設けた上で、ベアの有無を判断しました。  

「新卒の初任給を引き上げ、かつ、初任給アップ額以上の昇給を受けた者が、全社員の8割以上に達した場合をベアとする」

北見昌朗の講演CDプレゼント

申し込み欄は、(株)北見式賃金研究所のホームページにあります。FAXではお受けしませんので、ホームページからお願いします。いくつでももらうことができます。

※愛知・岐阜・三重の経営者に限定させていただきます。

講演CDリスト